メンタルヘルス

『ストレスチェック制度』が始まりました 

労働安全衛生法が改正されたことにより、平成27年12月より、毎年1回、対象の事業者(労働者数50名以上の事業場)は、この検査を実施することが義務付けされました。

ストレスチェックとは、ストレスに関する質問票に労働者が記入し、それを主計・分析することで、自身のストレスがどのような状態にあたるかを調べる簡単な検査です。

  ストレスチェク実施で期待されるメリット

ストレスチェック制度は、メンタルヘルス不調の未然防止をすることだけではありません。企業全体の活性化、生産性の向上に繋がっています。

企業の継続と更なる発展を目指すためには、従業員の皆様の心の健康が大切と私たちは考えます。

弊社では、制度義務化以前から実施経験がございます。企業にとって大切な資産である”人材”と”組織”の向上に役立つツールとして、ストレスチェックと、ご希望によりクライアント企業様に合わせた内容のチェック項目を加えて、ここの生産性向上を目指すプログラムを提案いたします。

企業(組織)にとってのメリット

◎ “生産性向上”

 ストレスチェック実施は、従業員のストレス状況、職場環境、そして部署やチームのあり方について見直すきっかけとなり、改善することで、働きやすい職場の実現を通じて、企業の“生産性向上”に繋がる可能性が大きく広がります。

“組織活性化”

 ストレスチェックの集団分析結果をトップダウンで対策するのではなく、部署やチームの問題として、参加型の対策をすることにより、組織活性化に繋がりやすくなります。

企業スタッフ(個人)にとってのメリット

“生産性向上”

 従業員のストレス状況、職場環境が改善されることで、働きやすい職場の実現を通じて、従業員個人の“やる気”“生きがい”が生まれることでそれが業務の生産性向上に繋がります。

“自身のストレスを知り対処の機会を利用し、自身の強みを伸ばす”

 ストレスチェック実施により、個々のストレスに気付き、対処する機会があります。対処方法は、ストレス要因低減というストレスチェック制度導入初期の段階のものではなく、弊社では“個人の弱みを支え、強みを伸ばす”ことを目指した、その先の対応を考えます。

ストレスチェック制度導入の流れ

Copyright© 2011 日本人事労務ソリューションズ All Rights Reserved.