「精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会」報告書を公開

2011-12-26

厚労省/精神障害の労災認定を迅速に行うため分かりやすい「ストレス」の具体例など

近年、精神障害の労災請求件数が大幅に増加し、その事案の審査には平均約8.6か月を要しており、一層迅速な労災補償を行っていく必要があります。
このため、厚生労働省では、平成22年10月から「精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会」(座長:岡崎祐士 都立松沢病院院長)を開催し、審査の迅速化や効率化を図るための精神障害の労災認定の在り方について検討を行ってきました。また、平成23年2月から、この専門検討会の下にセクシュアルハラスメント事案特有の事情への対応のための「分科会」を開催し、同年6月に報告を取りまとめています。

詳しくはこちら:
厚生労働省ホームページ

Copyright© 2011 日本人事労務ソリューションズ All Rights Reserved.